没後70年 吉田博展

外部ページURL

ここにキャッチ

+13

世界を魅了した木版画

福岡県久留米市に生まれた吉田博(1876-1950)は、若き日から洋画に取り組み、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術に触れながら、独自の表現と技法を確立しました。画家として才能を発揮した吉田は、画業後期にはじめて木版画に挑戦し、新たな境地を切り開きます。深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、水の流れや光の移ろいを繊細に描き出しました。画家の没後70年という節目に開催する本展は、初期から晩年までの木版画を一堂に集めるとともに、版木や写生帖をあわせて展示し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介します。

吉田博展のバーチャル映像が公開

【みどころ】
1. 世界を魅了した木版画
世界各国を旅し、雄大な自然をとらえた吉田博のみずみずしい木版画は、アメリカをはじめ国外で早くから紹介され、現在も高い評価を誇ります。故ダイアナ元英国皇太子妃や精神科医フロイトに愛されたことでも知られています。

2. 版画技法のあくなき探究、色彩表現の独創性
「帆船」シリーズにみられるように、吉田博は同じ版木を用い、摺色を替えることで、刻々と変化する大気や光を表わしました。複雑な色彩表現のために重ねた摺数の平均は30数回に及び、巨大な版木を用いた特大版を制作するなど、あくなき探究心をもって、独創的な木版画を生み出しました。

3. 旅と風景
生涯にわたり風景を描き続けた吉田博。その作品は、画家自らが現地に赴き早描きした写生をもとに制作されました。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの自然風景から、富士や日本アルプスといった日本の山岳、穏やかな瀬戸内海など、世界中の風景の制作を夢見た吉田博の版画作品は、画家の旅の軌跡を示すとともに、私たちを異なる世界へといざなってくれることでしょう。

(東京都美術館 公式ホームページ引用)

また、動画コンテンツも公開されています。

アートへの入り口【東京都美術館】

新しい東京都美術館は、「アートへの入口」となることを目指します。展覧会を鑑賞する、子供たちが訪れる、芸術家の卵が初めて出品する、障害を持つ人が何のためらいもなく来館できるすべての人に開かれた「アートへの入口」として生まれ変わります。新しい価値観に触れ、自己を見つめ、世界との絆が深まる「創造と共生の場=アート・コミュニティ」を築き、「生きる糧としてのアート」と出会う場とします。そして、人びとの「心のゆたかさの拠り所」となることを目指して活動していきます。

■没後70年吉田博展 今後の巡回予定
[三重展]
日時:2021年4月1日(木)~5月30日(日)
場所:パラミタミュージアム
[静岡展]
日時:2021年6月19日(土)~8月29日(日)
場所:静岡市美術館
[埼玉展]
日時:2021年10月23日(土)~11月28日(日)
場所:川越市立美術館

施設公式 URL
https://www.tobikan.jp/
営業時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで) ※開催期間:2021年1月26日(火)~3月28日(日)
休室日
月曜日
料金
【前売券】 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800円 ※前売券は2021年1月12日(火) 午前10:00~1月25日(月)に販売 【当日券】 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円
住所
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
アクセス
JR上野駅「公園口」より徒歩7分 / 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分 / 京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
お問い合わせ
03-3823-6921